住宅ローンの融資可能額について

住宅ローンの融資可能額については、事前に知りたいですよね。自分の借入れ限度額はいくらなのか知る方法を紹介しています。

住宅ローンの融資可能額について

家の模型

住宅ローンは、家を建てる時に借り入れる借金です。

家を建てる時には、何千万円という資金が必要になります。

そのため、大抵の人は自己資金で賄うことができないため、ローンを組んで家を建てることとなります。

この時、厳しい審査を通過しなければなりません。
 
  • 十分な年収があるのか
  • 仕事は安定しているのか
  • これからも収入は一定しているのか

といった事情から、他社の借り入れは多くないのかといった事情を基に審査を行います。

そして、審査を通過することができれば、無事ローンを組むことが許可されるということになります。


ただし、いくらの資金が借りられるのかという融資可能額については、人によりまちまちです。

銀行も住宅ローンを貸す以上、貸し倒れはしたくないため、その人の返済能力以上の貸し出しは行いません。

そのため、基本的には審査を受ける前に、貸付がどの程度可能かといった点について相談をして、その限度ないに収まる住宅購入計画をたてるべきです。

もっとも最近は購入する前に住宅ローンが組めるかどうかといった事情が、判明してから住居の建築に取りかかることになります。

あとから借金ができなくて困るという事態はあまりないでしょう。

しかし、自己の返済能力については、将来の予測を十分にたてた上で行う必要性は高いです、なぜならば、後から収入が下がるといった事態もあり得るからです。

そのため、審査を受ける前に銀行の人と相談して、借り入れるがくについてはよく考えておきましょう。


 

つなぎ融資が不要の住宅ローンを提供する銀行も

白い家

マイホームを希望する多くの人が、完成した建売住宅ではなく、先に土地を購入して注文住宅を建てることを好みます。

こだわりの住まいを実現したいから、世界でたった1つの住まいにしたいから、という思いが強いことがわかります。

しかし、土地代には住宅ローンが利用できないことはあまり知られていません。

マイホームを何度も建てる人は少ないですから、当然かもしれませんが、つなぎ融資が必要と言われ、初めてその仕組みを知る人も少なくありません。


つなぎ融資とは、住宅ローンが実行されるまでの一時的なつなぎとして融資してもらうローンのことです。

金利が高く、建売住宅をはじめからローンで購入するよりも高くつきます。

土地を手に入れてから建物が完成するまでの期間が長ければ長いほど、つなぎ融資の金利がかさむことになります。


土地代を自己資金で用意できればそれに越したことはありませんが、準備できなければこのような方法を取るしかありません。

しかし、一部の銀行では、土地を取得する段階で住宅ローンを利用できたり、土地代と建物代と別々に分割して利用できたりするところがあります。

こうした銀行の融資を受ければ、つなぎ融資が不要になりますので、出費を抑えることができます。


たとえ土地と建物の売主が同じであっても、建物完成後に全額代金を支払う、というわけにはいきません。

土地と建物は別々の契約となりますので、まずは土地代を精算する必要があります。

このことを念頭に資金計画を立てるようにしなければなりません。

 

住宅ローンのつなぎ融資は金利で選ぶことが大切

家のミニチュア

住宅ローンを利用する場合に大切なことがあります。

それは、諸経費やその他の必要なものをすべて含んだ総支払額と、返済のパターンや融資のパターンに於ける利息の関連です。

この計算を見誤ると、実際には損をしているのに得をしていると錯覚したり、本来は支払うはずのない利息を支払う羽目になったりしてしまうからです。

特に住宅に関するローンに於いてはその返済期間が長いため、微妙な利息の違いはなかなか計算が難しいです。

さらに大変なため面倒で詳細にチェックしていないということが起こりがちです。


一般的に住宅ローンは土地や住宅を担保にすることが多いため、その担保となる住宅が完成し本人の名義で登記されていることが確認できてはじめて融資を受けられる仕組みになっています。

そのため、新たに家を建てる場合などは完成するまで融資を受けることができません。

しかし実際には、家を建てる前、若しくは家を建てている途中で工務店や住宅メーカーに支払いが発生することが殆どです。

その為住宅が完成する前に資金が必要な場合があるため、これを工面するためにつなぎ融資というものを受ける必要があります。


一般的につなぎ融資は住宅ローンと同じ金融機関で提供されるため、審査で問題が無ければ自動的に融資を受けることが可能です。

金融機関によって金利が異なるので注意が必要です。

住宅ローンを選ぶ場合には、ローン本体の金利だけではなく、つなぎ融資に於ける金利についても併せてよく検討しましょう。

総支払い金額も考慮した上で決めることが大切です。


 

住宅ローンの金利計算について

金利計算

住宅ローンは、家を購入する時に利用されるローンです。

住宅を購入するには何千万円という資金が必要になります。

そのため、なかなか一括で購入することはできないため、通常家を建てたり購入する時には、住宅ローンが利用されています。


ただし、ローンを組むためには、十分な収入を持っていなければなりません。

銀行も、何千万円という高額の資金を貸し付けるため、貸し倒れになってしまうと損失が大きくなってしまいます。

そのため、十分な返済能力を持っていると銀行が判断した相手にしか、お金を貸しません。

審査の時に注目されるポイントは、年収、他社借入状況、職業や勤続年数などです。

特に、借り入れる額が大きいほど、この審査は厳しくなります。


そして、住宅ローンを貸す場合にも、金利が必要です。

銀行も利益を出すために営業しているため、当然といえば当然です。


計算方法は、毎月の返済額の内、一定額が金利になるスタイルです。

最初の内は、元本にあたる部分が少なくなりますが、徐々に元本に充当される割合が大きくなります。

一か月に返済して元本が減った分の額に、次の月には金利がかかります。

このように、毎月計算されていきます。


住宅ローンは、たとえ利息が数パーセントと低いものでも、毎月の返済額が大きいわけではないため、利息の割合が大きくなるのが特徴です。

借りる額と返済期間にもよりますが、もともと借りたお金の1.8倍近くの額になることもあります。

したがって、予めシミュレートしておきましょう。